読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイでぼっちブログ

タイからひたすら呟くブログ

<挑戦 出家> タイの仏教寺への出家報告

สวัสดีครับ รีคุです。

実はタイの寺に出家していました。
自分のパフォーマンスを向上させることを調べていると、「瞑想」というキーワードによくぶつかる。ので、瞑想を修行として行っている「タイの寺」に出家してみた次第。
非常に堅い話なので、とりあえず概要砕けた表現で記載してみます。

 

<生活内容>

・一日一食、性的な行為は一切禁止、坊主
・睡眠とお経と瞑想の繰り返し
・着る服は布切れで、朝はご飯の回収の為、寺周辺を裸足で巡回する。

<学び>

・宗教と瞑想を体験から学び、その違いも把握できた。
・2000年以上続く教えには、時代を超えた普遍的な真理がある。
・が、宗教は理解できない価値観もあり、先ず学ぶべきは瞑想。

<仏教とは>

・人間の真理を考え続けた王子のお話。
・仏教は大きく分けて二つあり、日本の大乗仏教とタイの小乗仏教。
・タイの小乗仏教は戒律が厳しく、よりブッタの教えに忠実である。

<ブッタの教え>

・世の中を究極まで客観的に見ろ。「自分」は自分自身が所有しているのではなく、借りているだけ。
・未来を考えれば不安が生まれ、過去を思い出すと後悔が生じる。今に集中しろ。
・自分の欲を観察し、不必要な欲を落とせ。

<瞑想とは>

・脳を休ませるトレーニング
・脳を休ませる方法は色々とあるが、基本的に呼吸を観察することになる。
・自分が無意識に考えていることを観察し知ることにより、思考の無駄に気づく。

 

結論:スティーブジョブスがなぜ禅宗に啓蒙したのか、等の仏教関連のタイ語書籍が多数でており、タイ語・サンサクリット語・パーリ語のそれら書物を読み、パフォーマンスを更に向上させる。